ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

不機嫌なジーン -ストーリー6-

不機嫌なジーン 第6回    [air date 2005/2/21]

[お話]
今回のエピソードは不機嫌なジーン 第5回のラストシーンの続きから。
仁子さんの誕生日の夜のこと。
健一くんがかわいい女の子と一緒に歩いている姿を偶然みてしまう仁子さん。
電話で‘ウソ’をつかれ、さらにショックを受ける。


[登場人物]
・仁子さん
研究室で一人泣いた後、てんとう虫をみつけ、ふと我に返る。
まず、研究室をお片づけ、ちょっと一休みした後、論文を書き出した仁子さん。
健一くんと別れた後、また山へ。
どうも、仁子さんの場合、過度のストレスを感じると、虫に逃げる傾向があるようです。
やっぱりちょっと変わっている...。(^^ゞ

さて、山で滑り落ちてしまい一人遭難...。(一応、冬山だよ。)
南原「ジーン!」
仁子「はぁ~~い。」って全然切迫感がないし...。


・南原教授(フケた王子)
研究室で寝ている仁子を発見。
おもむろに神宮寺教授に電話する南原教授。
「目の前で昔の女が寝ている。………ちょっとさわってもいいかな?」
もちろん、駄目です。

山で仁子を発見。
南原「もういい。王子が迎えに来た。」
仁子「すごい、フケた王子。」
南原「助けない。」
オオクワガタを見つけたという仁子に「そうか、よかったな。」って。
やっぱり仁子を理解できる男の人は南原教授だけ、なのかも。


・健一くん
誕生日の夜の後、自分の言動が‘ガキっぽい’と述懐の様子。
自分でちゃんと分かっているようで、ひとまず、よかった。
で、熟考の上、仁子に別れを切り出す健一くん。
今回、私、彼のことをちょっと見直しました。
何といっても健一くんからきちんと別れを口にしたこと。
相手を非難せず、ありがとうと言って去っていったこと。
何となくずるずると関係を続けるよりは、はっきりとしていてよかった。
我が夫曰く、「竹内結子と片瀬奈那を両天秤とは.....うらやましい...。」(^^ゞ


[仁子さんの論文-てんとう虫が来てくれる-]
南原教授がこっそり読んでいた仁子さんの論文。
読んだ瞬間に教授がにやりとしたということは結構いい論点をついているのかもしれない。
アブラムシに食べられている植物が、何らかの化学物質を分泌して、てんとう虫にSOSを発しているという考え方。
南原教授曰く、
「若輩者が流行に乗っかって派手なテーマを選びやがって!」ということらしいけど。

[神宮寺さんの結婚生活って]
神宮寺教授曰く、
「非ユークリッド(幾何学)で愛の解析をすると、男と女は、交わったり離れたりを繰り返すばかりで永続的に交わらない。」
ちなみに神宮寺さんの結婚生活は常に適正距離を保ったまま、交わっていないから成立しているらしい。
それもありかも...(o^^o)

[南原教授と諫早湾の関わり]
以前、九州に住んでいたという南原教授。
有明海諫早湾干拓事業計画、初期段階のアセスに参加していたらしい。
南原教授の曇った表情からうかがえるように、きっと悪名高きあの干拓事業(弁護士曰く)にゴーサインを出した方の立場なのでしょう。たぶん。

[アリジゴク]
何で恋愛話がアリジゴク談義になったのかはともかくとして。
アリジゴクとは、いったんはまると二度と抜け出すことのできないもの。
アリ本人がどう頑張っても抜け出すことは無理なのだそうだ。
救いようのないものらしい...恐ろしい(>_<)

[オダギリくん]
姿はなかなかみせないけれど、気になる存在のオダギリくん。
だんだんと彼の素性が判明しつつあります。
役名は「勝田くん」
神宮寺さんの出身高校のボードゲーム部の後輩。
もちろん、高校時代に直接の面識はない。
高校中退後、OB会で神宮寺さんに唯一傷をつけた男...らしい。


[最後に...]
今回はさっちゃんのこの一言。
「何かがこわれていくときって..こういう感じよね。」
なかなか名言だと思います。
ちょっとしたすれ違いで少しずつ崩れていくとき、修復しようとあがいても、ちょっとずつかみ合わなくなっていく。
そして...と。そういうことってほんと、多々あります。
まぁ、そんな感じで仁子さんと健一くんの別れるまで(壊れていくまで)が今回は丁寧に描かれていました。

さて、これから仁子さんは研究に邁進するのか?
はたまた、南原教授は干拓事業の件で何らかのトラブルに巻き込まれるのか?
そして、仁子さんと南原教授は、神宮寺教授の理論のごとく、またもや離れていくのか?
と、今後の展開の分岐点になるような今回のお話でした。

姉の友だちについ手を出してしまった仁子さんの弟くん。
だめですよ、そんなことをしては...ちゃんと大学に受かってからにしましょう...(^^
[PR]
by porcorosso234 | 2005-02-25 02:25 | 不機嫌なジーン