ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Desperate Housewives(デスパレートな妻たち) inエミー賞

第57回エミー賞授賞式 ダイジェスト版 (AXN)

9月18日、米国にて開催されたエミー賞授賞式の模様が、AXNにて放映されました。



今年のエミー賞、注目の作品は新作「LOST」「Desperate Housewives(DH)(デスパレートな妻たち)」。
「LOST」はドラマ部門、「DH」はコメディ部門でそれぞれ6部門の受賞。
前評判どおりの結果となりました。

さて、個人的注目はやっぱり「DH」の出演者の方々。
どんな様子だったかと言うと...。

まずはほぼセンターの最前列に座る主演女優の方々。
さすが、華やかです。

舞台へはまずプレゼンターとして登場。
EdlieことNicolletteを加えた5人が舞台へそろい踏み。
ここでは、GG賞にて主演女優賞を獲得したTeriがセンター。
一応、その場を仕切ってました。

途中、GabrielことEvaが司会者から単独インタビューを受けていました。
「主演4人の中で一人だけ主演女優賞にノミネートされていなけれど、差別されたりしてない?」
なんて、なかなか鋭い、つっこみ。
もちろん、Evaは「そんなことないわ。」とさらっと答えていたけれど、
なぜか、インタビューされている席が3階の後ろの方。
とりあえず、会場は受けていましたけれど、なかなか微妙。

途中、女優陣の仲(いろいろなゴシップネタはたくさんあるみたい(^^ゞ)を
ジョークでからかったり、揶揄したりと、話題のドラマだけあって、いろいろと言われていました。

さて、ノミネートされた5人のうち3人が「DH」の女優さんと注目が集まっていたコメディ部門、主演女優賞の発表。
結果はご存じの通り、Lynetteを演じたFelicityが獲得。
名前を呼ばれた瞬間の彼女、ほんと信じられないという表情で、かなり素のリアクションだった思います。
スピーチではまず、共演者、スタッフに感謝の意。
そして、彼女を新人時代に使ってくれたプロデューサー、
さらに、その姿を観てSportsNightに起用したアーロン・ソーキン氏に言及。
(もちろん我らがTWWのアーロン・ソーキンさんのこと)
TWWファンとしてはちょっぴり嬉しかった瞬間でした。
彼女、フェリシティのスピーチはほんと、受賞するなんて思っていなかったのかもと感じられるくらい、初々しく爽やかなスピーチでした。
だんな様のウィリアム・H・メーシーに結婚してくれてありがとう、なんて言っているところもなかなか可愛らしかったです。

作品賞の受賞は残念ながら逃してしまったけれど、
今年のEmmyの主役は「DH」との印象が残ったエミー賞でした。
[PR]
by porcorosso234 | 2005-10-10 00:30 | Desperate Housewives