ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Desperate Housewives(デスパレートな妻たち) 1-22

Desperate Housewives (デスパレートな妻たち)

Episode 1-22 Goodbye for Now (Original Air Date 2005.5.15)

[お話]
ある夫妻がウィステリア通りをあとにした。
ウィステリア通りの治安の悪化が原因だったが、彼らの引っ越しに気が付いた住民はいなかった。
そして、新しい住民が、また、すぐにやって来た...。



[登場人物]
リネット(Lynette)
アナベルの存在が気になるのか、リネットは日々トムの会社に顔を出していた。
そんなとき、アナベルがトムをさしおいて重役のポストに就くことに...。


ブリー(Bree)
ジョージの本当の気持ちに気が付いたブリー。
彼女はジョージと会うことをやめ、レックスとの日々を大切にしようと思い直す。(?)
ブリーに冷たくされたジョージはある行動にでる。


ガブリエル(Gabrielle)
カルロスがピルに細工していた決定的証拠を手にしたガブリエル。
「子どもの父親があなたとは限らない。」という言葉を残し、家を出る。
カルロスはガブリエルを追いかけ、ガブリエルの相手がジャスティンと勘違いする。


スーザン(Susan)
マイクから一緒に住もうと言われたスーザン。
もちろん、二つ返事で了解。
着々と荷物をスーザン宅に運び入れるマイク。
スーザンはマイクの自動車からフーバーさんの日記を偶然見つけ、再び、マイクのことを疑いだす。


ポール
ウィステリア通りを出、一人、姿を消す。


[最後に...]
次回はシーズン1の最終回。
ということで、それぞれ、崖っぷち状態が増しています。

まず、リネット。
夫トムの出世を邪魔したことがトムの耳に入ります。
その上、トムは失業...。
ということは、もしかして、リネット、復職かも?
でも、夫婦にとっては最大の危機かも。

ガブリエルの場合。
夫カルロスが収監の日を前にして、逃亡、暴力沙汰。
しかも、以前おこした暴行事件まで発覚してしまいます。
このままではカルロスは8年間、出てこられないかも?

ブリーの場合。
ジョージの策略が大当たり。(^^ゞ
レックスは再び心臓発作を起こし入院。
レックスを信じられないブリーは彼へ冷たい態度をとってしまいます。
このままではブリーがレックスに殺意を抱いていると勘違いされそうな雰囲気...(^^ゞ

スーザンの場合。
特になし...。(^^ゞ
(一応、マイクとの関係修復ならずかも...。)

さらに、心配なのはマイク。
復讐のため、ウィステリア通りにやってきた彼。
最終的目的はポールの殺害?
そういう結末はイヤです。

そして、今回登場の人物はシーズン2への布石?
新しい、怪しげな住民がやって来ました。
[PR]
by porcorosso234 | 2006-02-28 00:30 | Desperate Housewives