ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

準決勝  ドイツ - イタリア ♯61

FIFA ワールドカップ 
第22日目7月4日
準決勝  ドイツ - イタリア ♯61

12年ぷりの決勝進出を狙うイタリア。
ドイツは2大会連続の決勝となるか。

注目の選手...。
イタリア、ピルロ。この人のゲームメイクにイタリアの勝利がかかってます。
イタリア、カンナバーロ。DFの要。MVPは是非この人に。(^^ゞ
イタリア、ブッフォン。ご存じ、GK。未だ失点はアメリカ戦のオウンゴールのみ。
ドイツ、バロック。好調のクローゼ、ポドルスキへのパスだしに期待。

試合内容...。
前半。
果敢に攻撃を仕掛けるのはイタリア。
激しい立ち上がりとなる。
一方のドイツ。守りながらも効率の良い攻撃。
が、イタリアの厚い壁に阻まれる。
後半。
ドイツが試合を支配。
が、イタリアの守備は容易には破れず...。
支配はだんだんと膠着状態へ。
後半、30分前後、ようやく両ベンチが動くが、効果無し。
試合は延長へ。

延長。
前半終了直前、イタリアはデルピエロを投入。
トッティと同じピッチにたつ状態となった。
で、このデルピエロ、見事に効く。
彼にボールが集まり、攻撃に幅が出てくるイタリア。

PK戦も見えてきた、延長戦終了2分前。
数々のチャンスをものにできなったイタリアがとうとう決める。
ピルロのパスをグロッソが左足でゴールポストへ。
イタリア先制!!
脚の止まりかけていたドイツが動き出す。
急に前へ攻撃を押し上げ始めたドイツ。
が、イタリア、ジラルディーノがパスをデルピエロにつなげ、デルピエロが決め、試合終了。

終了直前、2点を入れたイタリアの勝利となった。


ドイツ。
前評判が高かったとは決していえなかったドイツ。
ここまで来たのはやはり地元の利もあるとは思うけれど、それだけでない粘りを感じさせたチーム。
2大会連続でベスト4以上に残っているのだから、やっぱりドイツはすごい...のでしょう。

イタリア。
ドイツに対し、シュート数、FK数などかなり上回りながらも、
なかなか決めることができなったイタリア。
しかし、その守備の堅固さは健在で、失点する気がしない試合運びであった。
そう、失点しなければ、試合では負けない。
そして、一つのゴールで勝てる...と。
終了直前のゴール2本。
勢いだけではない、確実な実力、決勝が楽しみです。


結果 ドイツ 0-2 イタリア
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-16 00:30 | SOCCER