ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

LOST(ロスト) Season1-23

LOST(ロスト)
Season1-23  Exodus - Part 1    5/18/2005(ABC)

[お話]
早朝、ダニエルが姿を現す。
彼女の目的は...?



[キャスト]
・ダニエル(Danielle Rousseau)
16年間に渡り、救難信号を発していた声の主。
フランス人。女性。科学者。

16年前、科学者の一団がタヒチを出航。
仲間は6人。
当時妊娠7ヶ月だった彼女。
出産から1週間、黒い煙を見た後、
産まれたばかりの娘アレックスを The othersによって連れ去られる?と主張。
(言っていることは以前のサイードへ話した内容と大差なし..。)
さらに、彼らがやって来る!!と。
彼ら、othersに対しては
「Run... Hide... or die...」とのこと。

彼女の真の目的が今ひとつわからない...。
何でわざわざ警告をするために来てくれたのか、
ホントに彼らがやってくるのなら、一人で隠れていればいいのに...。
シャノンの赤ちゃんに向けている視線が意味深です。


今回のフラッシュバックは、オーストラリア、シドニーを飛び立つ直前の様子。
・マイケルとウォルト
今やすっかり親子として打ち解けている様子のマイケルとウォルト。
直前のホテルでは「父親ではない!」と大げんか。
遭難したことによって親子の絆を深めたという皮肉を感じる...。

・ジャック
空港のバーにて。
Ana Luciaと名乗る女性から声をかけられる。
ジャックのことを根掘り葉掘り聞き出そうとする彼女。
ジャックの席は23-B、アナの席は42-F。
交換を申し出るのが何だか意味深...。
(このAna Lucia、○○に○○、ということは、....は.....の!)
ちなみにジャック、この時点ではすでに独身の模様です。

・ソーヤー
喧嘩で警察に留置中。
ケンカの相手がオーストラリアの高官...(^^ゞ
さらにアメリカでの悪さも調べ上げられ、国外退去を命じられる。
即刻、国外退去、さらに二度と入国は許さないとのこと。

・ケイト
保安官とともに出国審査中。
保安官に何故5丁も拳銃が必要か...?
それは、ケイトがとても凶暴だから、らしいです。

ちなみに、例の飛行機の模型。
ニューメキシコ州の銀行に預けたのは保安官自身。
ケイトをおびき寄せるための罠だったらしい。

・シャノン、ブーン、サイード
ファーストクラスの席がとれずにおかんむりのシャノン。
サイードを怪しげなアラブ人として警備員に告げ口。
(無事に飛行機に乗っていたから大丈夫だったのね、サイード。)
ブーンは相変わらず、シャノンに振り回されています。


現在。
ダニエルの警告を無視し、イカダの出航を急ぐことに。
しかし、黒い煙があがる様子をみて、彼らの行動は一変する。

イカダで出航組。
出航の準備を急ぐ。

爆薬探索組。
例のハッチを避難場所とするため、ダイナマイトを探しに黒い岩へむかう。

海岸組。
イカダの出航を見送った後、洞窟へ避難の予定。

・ジャック、ソーヤー
ソーヤーに拳銃を託すジャック。
今生の別れを覚悟したのか、ソーヤーはオーストラリアでのジャックとの父親のやりとりを語り出す。
ソーヤーが...。
自分の存在価値を認めて欲しいばかりにイカダの帆を作ったり、ジャックに話をしたり...。
彼も、この遭難の一件で変わった...よね。

・シャノン、ウォルト
飼い犬、ビンセントの世話をシャノンに託すウォルト。
自分の母親のことを直接的に例に出すのはまだまだ子どもの証拠。
ただ、シャノンの今の境遇を案じることができるのはすごいこと...かも。
実はシャノン、人から頼りにされるのはイヤではないみたい...だし。


・謎のモンスター?
ダニエル曰く、「島を守るためのセキュリティシステム。」らしい...。
実体がないのはそのため?
ただ、誰が、何の目的で、さらにどういう動力源で設置したのかという疑問。

・黒い岩
ダニエルの言う「Black Rock.」とは、何と古い木造の船...のこと。
船には、「BLACK ROCK PORTSMOUTH」という文字。
確かに黒い岩...です。

やっぱり人工物ということが、引っかかります...(^^ゞ。

[ということで・・・]
いよいよ、ファイナル間近。
あのダニエルが突如現れ、不吉なことを言ったり...。
イカダが海へ出航したり...と、話は急激に動きだしました。

何だか妙に感じたのは、ダニエルの動機、かな。
何で自分の利益にもならない警告をするためにわざわざやってきたのか、気になります。

さらに、前回から突如メインに躍り出た、自称博士号を持つ、高校教師ATZT氏。
なにげに、早く出航しろと、言ってみたり、
ダイナマイトは危険だと、危険な探索に参加したりと、行動がとっても怪しげ。
まさか、あのイーサンのお仲間ってことはない、ですよね。

とりもなおさず、先のことも気になるけれど、
今回のエピは数々の場面でしんみりときたシーンの多いお話でした。
出航してしまった彼らとは二度と会える確約はないわけで、もしかしたら、これっきりということも...。(すぐ、戻ってきそうな気もする...けど。)

シーズン2に向けてやっと、ちょっとだけ前進した今回のお話でした。
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-26 01:26 | LOST