ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

LOST(ロスト) Season1-25

LOST(ロスト)
Season1-25 Exodus - Part 2    5/25/2005(ABC)

[お話]
シーズン1、ファイナル。



ダイナマイト探索組
ダイナマイトを確保。
例のハッチへと向かうが...。

イカダ組
洋上。
順調に航海中。
夜になり、サイードの取り付けたレーダーが...。

海岸組
ルソーの後を追う、サイードとチャーリー。
ルソーの仕掛ける罠が待ち受ける...。


[キャスト]
今回のフラッシュバックもシドニーを旅立つ直前の様子から。
・ハーリー
朝、ホテルで目覚めるハーリー。
目覚まし時計の電源が切れていて、すっかりと朝寝坊。
大あわてで空港に向かう。
途中、エレベーターでチャーリーに会ったり、例のアルツトさんに睨まれたり、最後はウォルトから微笑みかけられてました...。

結局、彼は、飛行機に乗るはずではないという運命だったのか、
それとも、何があっても飛行機に乗らざる終えない運命だったのか...?


・ロック
搭乗用の車いすがなく、飛行機に乗り込むことに手間取る。
やっと座席につくことができたが、座席の下、ほんの数十センチ手が届かないものは自力で、とることができない...。


[現在]
・ジャック、ロック
“あれ”に襲われたロックを助け出したジャック。
ロックは礼を言うどころが、助けなくて良かったとさえ言う。
ロックの真意を理解できないジャック。

またまた対立軸がはっきりとしてきました。
見えるものしか信じようとしないジャック、
見えないものにも何かを感じるロックの言動は、理解不能の模様。
自分に理解できないからと言ってロックを敵視するのは、どうかな、と。


・ジャック
ケイトが持っていたはずのダイナマイトは何故か自分のリュックに。
自分はリーダーだ、と言い切り、
ロックは危険だと断定、ケイトは自分の味方かどうか確認。

だんだんとジャックのオレ様状態が目立ってきました...(^^ゞ
生存者数十名の中で派閥を作り、敵だ、味方だって言っている場合ではないと思うのですが...。


・ダニエル(Danielle Rousseau)
クレアの赤ちゃん、誘拐の真相は、othersが男の子をさらうと言っていたから、とのこと。
この子を差し出せば、自分の子どもが戻ると考えたため、らしい。

となると、例の黒い煙も彼女の自作自演?
どこまでが彼女の、幻想、幻聴なのか、不明、果たして、othersってほんとにいるの?


・ウォルト
イカダ組のウォルト。
パパ、マイケルともようやく分かり合えるようになってきた矢先、
レーダーに反応した謎の人物らにさらわれる。

・others?
ウォルトをさらった謎の人物ら。
これがダニエルの言っていたothers?
確かに男の子、ウォルトをさらう。

彼ら、動力のある船をもち、火炎瓶を所有。
服装は小綺麗とは言えず...。正体やいかに?



[ということで・・・]
シーズン、ファイナル。
やっとハッチが開いたところで終わり...。
ハーリーが例の数字に気がついたことが気になります。
さらにイカダは転覆、ソーヤーらは海に投げ出されてしまうというオチ。

シーズン2、確かに気にはなるけれど、ちょっと引っ張りすぎ、かも(^^ゞ。

ただ、飛行機が飛び立つ直前の映像はいい感じでした。
日常にあるありきたりな出発前の風景。
数時間一緒の飛行機に乗るという接点だけだったはずだった彼ら。
彼らを待つ運命の過酷さを知っているだけに、何とも切ない演出でした。
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-31 10:45 | LOST