ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

のだめカンタービレ 第2話

のだめカンタービレ  第2話  (2006年10月13日)

[お話]
ミルヒー・ホルスタインことシュトレーゼマンが編成したSオケが始動?



[登場人物]
のだめ(上野樹里)
第1回目にも増して、ばたばたと動き回っているのがのだめ。
上野さん、すっかりのだめ、って感じです。


千秋くん(玉木宏)
オレ様、千秋くんの言う、「俺だって、何一つ報われていない。」
恵まれた環境に育ち、才能もある千秋くんが実は努力の人だと知る良いシーンです。

で、千秋くん演じる玉木くん。
ヴァイオリンもピアノも指揮も、と大変なのは分かるのですが、
もうちょっと...かな。


峰くん(瑛太)
偶然会ったのだめに試験の伴奏を頼む峰くん。
この後ののだめのピアノと合わせるシーン、良かったです。
峰くんの言うロックなベートヴェンの春、見事に表現してました。
瑛太くん、かなりヴァイオリンの練習をしているみたいで、努力の跡がうかがえます。
(春もさわりの部分はきちんと弾けるらしい...。)


真澄ちゃん(小出恵介)
千秋くんとのだめの2ショットを影ながらみつめる真澄ちゃん。最高です。(o^^o)
嫌がらせの数々は真澄ちゃんらしい、かわいらしさだし。
彩子さんは千秋くんの相手として許せる、が、のだめは許せないと言う気持ち、分かるような、分からないような...(^^ゞ
回想シーンの真澄ちゃんがそれなりに初々しいし、あの髪型の変化にも爆笑。(o^^o)


ミルヒこと、フランツ・シュトレーゼマン(竹中直人)
彼は本物のシュトレーゼマンなのか...?
だんだんと疑問が湧いてくる様子がありあり...。
それにしても、アクが強い。


その他のキャストの人たち。
大河内くん。
千秋を意識しつつも千秋には決してなることはできないのが大河内くん。
2タックのズボンが悲しい...(^^ゞ。

ブー子さん。
似てます。コミックから飛び出してきたみたい。
そのまんまです。(^^ゞ


[原作との違い...。]
本日の放送は原作では第1巻、第2巻と第3巻。
千秋くんに近づくのだめが許せない真澄ちゃん。
で、のだめVersus真澄ちゃんの戦い。
さらに、峰くんの試験の伴奏のお話が絡み、のだめと峰くん、そして千秋くんが絡む、と。
始動したはずのSオケは夜な夜な合コンでまだストップしたまま...。
と、本来、時間差があるはずの3つの出来事が上手にマッチしていました。

原作になく、ドラマオリジナルなのは、三木清良さんの存在。
真澄ちゃんとお話したり、千秋くんに自己紹介したりなど、それなりに存在をアピールしているのが不思議な感じ。


[と、いうことで...]
本日のお話で、千秋くん、のだめに、峰くんと真澄ちゃんが加わりメインの4人が勢揃い。ラスト近く、4人で歩くシーン、良かったなぁ...。
個人的には、今回の見所は真澄ちゃん、でしょう。(^^ゞ
第1話ではちょっとどうかなと思った真澄ちゃんですが、今回のようなかわいさ満載ならば言うこと無しです。
真澄ちゃんの正確無比な演奏を実現するためにも、演奏シーンはもうちょっと頑張って欲しいかも...(^^ゞ
あの第九のシーンはもっと大胆にやって欲しかったから...。

お話の方は、次週は、結成したSオケがようやく動き出す模様。
どれだけ魅せてくれるか、Sオケに期待!!
[PR]
by porcorosso234 | 2006-11-16 17:10 | のだめカンタービレ