ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

のだめカンタービレ 第2話 音楽編

のだめカンタービレ 第2話 音楽編



オープニング
交響曲7番 イ長調第1楽章 ベートーヴェン
エンディング
ラプソディ・イン・ブルー ジョージ・ガーシュウィン

オープニング、回想シーン。
ピアノソナタ第14番 ハ短調「月光」第3楽章 ベートーヴェン
2台のピアノのためのソナタ ニ長調第1楽章モーツァルト

ミルヒーのCDを聴く千秋。
交響曲第8番 変ホ長調 「千人の交響曲」 第1部冒頭マーラー

ミルヒー登場。
ロメオとジュリエット組曲 第2番より「モンタギュー家とキャピュレット家」プロコフィエフ

真澄ちゃんと千秋の出会い。
ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯 R.シュトラウス

本日のテーマ曲。峰くんの課題曲です。
ヴァイオリンソナタ第5番ヘ長調「春」第1楽章 ベートーヴェン

のだめ、裏軒にて。
歌劇 「魔笛」「恋人か女房か」 モーツァルト

のだめ、大学のオブジェの上にて。
愛の悲しみ クライスラー

真澄ちゃん、Aオケをクビになる。
交響曲第9番 ニ短調「合唱付き」第1楽章 ベートーヴェン

千秋のプラハの回想シーン。
チェコ組曲より 第2曲「ポルカ」 ドヴォルザーク

のだめと峰くん、練習シーン。
ヴァイオリン協奏曲 第1番 変ロ長調 第1楽章 モーツァルト

真澄ちゃん、千秋くんの写真をみながら...
ワルツ第9番 変イ長調 (別れのワルツ) ショパン

留学していた中村くんの演奏。
チャルダッシュ モンティ

ミルヒー、のだめに迫る!
歌劇 「ドン・ジョヴァンニ」「おまえが食事に招いてくれたので~地獄落ち」 モーツァルト

のだめ、千秋、Sオケへ。
歌劇「フィガロの結婚」序曲 モーツァルト

今回もクラシック曲が目白押しです。
第1話と同様の使われ方をしている曲も多くあり、この場面ではこの曲というパターンができてきそうです。

本日の聴き所は、ベートヴェン、ヴァイオリンソナタ「春」の聞き分けでしょう。
まず、のだめと初音会わせのシーン。
ここが一番良かったかなぁ。峰くんらしい音が出ていて。(上手かどうか別です。(^^ゞ)
その後、のだめが失恋して、ピアノがぼろぼろ。
試験の時は千秋くんと、となった訳ですが、
千秋くんのピアノ、千秋くんの良さが今ひとつ分かりませんでした。
本来の「春」はやっぱり春。是非、最後まで聴いて欲しい曲です。

気になったのが、峰くんの前に弾いていた中村くんの曲。
ヴィットリオ・モンティの曲ですが、弾いていた彼、本物の音大生なのかな?
実にお上手でした。

ラスト、大笑いしたのが、「ドン・ジョバンニ」。
ミルヒーのあまりの汚さ(失礼。)に引きつつも、かかってきた曲に大笑いのシーンとなりました。
[PR]
by porcorosso234 | 2006-11-16 18:33 | のだめカンタービレ