ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Joey( 7 )

Joey(ジョーイ)     
EpisodeList

1-01 「ジョーイ、LAへ!」 (PILOT)
1-02 「ジョーイは「9」!?」 (JOEY AND THE STUDENT)
1-03 「ライバルに負けるなっ」 (JOEY AND THE PARTY)
1-04 「魅惑の読書クラブ」 (JOEY AND THE BOOK CLUB)
1-05 「王様はカウボーイ?」 (JOEY AND THE PERFECT STORM)
1-06 「ジョーイの皿はデカい!?」」 (JOEY AND THE NEMESIS)
[PR]
by porcorosso234 | 2005-06-15 00:00 | Joey
Joey(ジョーイ)
Season1-06 「ジョーイの皿はデカい!?」
(JOEY AND THE NEMESIS)  [original air date 2004/10/14]

[ストーリー]
役者の仕事を得るため、日々、オーディションを受けるジョーイ。
そんなオーディションでジョーイはブライアン・マイケル・デービッド・スコットという人物に声をかけられる。
実は、彼、ジョーイのことをライバル視し、ジョーイを追い落とそうと企んでいた...。


やっぱり、お間抜けなジョーイ。(^^ゞ
声をかけられ優しいことを言われるとすぐに信じてしまうのは相変わらず。
どう見ても怪しいブライアンをあっという間に信頼してしまう。
そこが彼の魅力であるのは間違いないけれど。(o^^o)

今回は息子マイケルのためにジョーイのアパートに居座るジーナ。
何だか妙にはりきっている姿が母親っぽくて良い感じ。
そこは、やっぱり、イタリア系。
マンマの要素はきちんと兼ね備えているらしい...。
前回もおいしい食事でジョーイを釣っていたし...。

災難だったのはジョーイ。
ジーナのアパート、ジーナの寝室で一人寝ているところにいきなり男が...( ・_・;)
ぐっすり休んでいるところにいきなり同性がベッドに潜り込んできたら、いやでしょう、やっぱり。(^^ゞ

ところで、ジョーイの日記のこと。
彼が日記をつけていたなんて、知らなかったなぁ...。
もしかしてLAに来て寂しくて日記に語りかけているとか...(^^ゞ
[PR]
by porcorosso234 | 2005-05-11 00:00 | Joey
Joey(ジョーイ)
Season1-05 「王様はカウボーイ?」 (JOEY AND THE PERFECT STORM)
[original air date 2004/10/7]

[ストーリー]
シェークスピアの舞台のオーディションを受けたジョーイ。
オーディションにはいつもどおり落ちてしまったが、主役の代役の座を獲得。
代役に気をよくしたジョーイ、あれこれとオーディションを受け、3つの舞台の代役を同時にこなさなくてはならなくなる。
一方、ジョーイたちの住むアパートに空室ができた。
ジーナが引っ越ししてくるかもしれないと恐れたマイク、あれこれと策を練る。


久しぶりにジョーイのお仕事のお話。
勇んでハリウッドにやって来た割には、相変わらず役者としては今ひとつのジョーイ。
もちろんいきなり成功してしまったら、ジョーイでなくなってしまうことには違いないとは思うけれど。
で、今回は舞台のお話。
邦題が「王様はカウボーイ」という意味の分からないタイトルなのはこのため。
ジョーイがちょっとだけダンスを披露してくれるが、相変わらずヘタ...(^^ゞ
他人事ながら、大丈夫なのかと心配になる。

さて、今回のお話のディレクターは「フレンズ」でロスを演じたデヴィッド・シュワイマー。
10年間ジョーイの成長を間近で見てきたデヴィッド。
さらにフレンズでも多くのディレクターをこなし、その力量には定評のある彼。
それだけに、今回のエピもやっぱり面白い。(o^^o)
ジョーイが、よりジョーイらしくみえる、そんなエピだった。
フレンズファンとしてはデヴィッドがちょっとだけでもカメオ出演してくれたらうれしいのになぁ...。
[PR]
by porcorosso234 | 2005-05-04 00:00 | Joey
Joey(ジョーイ)
Season1-04 「魅惑の読書クラブ」 
(JOEY AND THE BOOK CLUB)  [original air date 2004/9/30]


[ストーリー]
マイケルがジョーイの部屋で開いているのが読書クラブ。
美女も参加していると知ったジョーイは早速クラブに参加する。
ジョーイは参加したとたん、会員の女の子すべてのハートを獲得。
マイケルの好きな女の子までジョーイのことが好きになり、マイケルは困惑する。


「まずは、あんたが有名になる。それから私がへこへこする。」(byエージェント、ボビー)
パイロットエピソード以来の登場となる、ジョーイのエージェント、ボビー。
好きだなぁ、このキャラクター。
今回はジョーイの頼み事をあっさりと却下。
ジョーイが有名になるまではただただ仕事を紹介するだけのエージェントらしい。
で、ジョーイの甥っ子マイケルがすっかりお気に入りの模様。
「からだの真正面からのフルヌード、抵抗ある?」
どこかで聞いたことのあるセリフをマイケルに発するボビー。
マイケルとボビーの今後の関わりにちょっとだけ期待、かな。

今回はジョーイのアパートの隣人、アレックスのキャラクターがかなり際だってきたかな。
企業の顧問弁護士として活躍、もともとお金持ち、で既婚、ブロンド、と怖いものなしの彼女のようだが、ジョーイの姉、ジーナがどうも苦手みたい...。
しかも、友だちになってもいいかな...なんて思っているくらいだからややこしい。
ジーナはジーナでアレックスをからかうことを楽しんでいるところがあるみたいだし...。
それにしても、アレックスの夫って登場していないよね...?


ところで今回のWOWOWの映像、かなり悪かったです。
どうも最近は良い時と悪い時がかなりはっきりしていて、一視聴者としてはかなり不満です。
有料チャンネルなんだから、安定した映像を送り出すという義務があると思うんだけどなぁ...。
[PR]
by porcorosso234 | 2005-04-28 00:00 | Joey
Joey(ジョーイ)
Season1-03 「ライバルに負けるなっ」 
(JOEY AND THE PARTY)       [original air date 2004/9/23]


[ストーリー]
LAに引っ越して以来、仕事もなくお暇なジョーイ。
遊び相手となる友だちもいないため、ジョーイは新しい友だちを作るためにパーティを企画する。


「あれは若かったから簡単だった...。」
LAに来てからなかなか新しい友だちが出来ないジョーイ、マンハッタンに出てきたときのことを思い出しての言葉。
確かに、そうだよね。
大人になると、なかなか友だちってできない。
親兄弟などの親戚、住んでいるところのご近所さん、仕事の関係の人などなど、大人としてのおつきあいはあっても、純粋な本当の友だちってなかなかできないもの...。
この一言、何だかしみじみとしてしまった...。

さて、今回はジョーイの必須アイテム、バグジーが登場。
遊び相手がいないジョーイが思わずバグジーとTVゲームしてしまうなんて、いかにもジョーイらしい。

結局お目当ての人とは仲の良い友だちにはなれなかったジョーイ。
友だちって、がんばってつくるものではなく、ごくごく自然に友だち関係になっていくものだと思う。
[PR]
by porcorosso234 | 2005-04-20 00:00 | Joey
Joey(ジョーイ) 
Season1-02 「ジョーイは「9」!?」 
(JOEY AND THE STUDENT)   [original air date 2004/9/16]

[ストーリー]
LAでの新しい生活がスタートしたジョーイ。
甥っ子のマイケルも実家からジョーイの部屋へお引っ越し。
マイケルは母ジーナから独立しようと引っ越してきたのだが、息子マイケルのことが気になってしょうがないジーナはジョーイの部屋にいつも...やって来る。(^^ゞ


今回のジョーイはマイケルの恋の指南役といった役どころ。
タイトルの「ジョーイは9」とは自分自身の恋のランクってところかな。
どういう基準でランク付けしているかは不明...(^^ゞ
ちなみに、マイケルは6らしい。

ドラマ的にはだいぶ面白くなってきたと思う。
やっぱり、ジーナがとってもいい感じ。
ジーナ一人でも十分に笑いのツボを心得ているし、ジョーイとのやりとりも小気味いい感じ。
ジョーイって「フレンズ」でも一番下の弟って感じがしていたので、
このジーナとジョーイ、姉、弟という位置関係もしっくりくるような気がする。

ジョーイの部屋の出入り口にはフレンズで登場のボードがちゃんと飾ってある。
こういう発見はちょっとうれしい。(o^^o)
[PR]
by porcorosso234 | 2005-04-17 00:00 | Joey
Joey(ジョーイ) 
Season1-01 「ジョーイ、LAへ!」 
(PILOT)   [original air date 2004/9/9]


[Joeyとは...]
2004年5月、10年間の歴史に幕をおろした『FRIENDS(フレンズ)』。
そのFRIENDSのスピンオフとして登場したのがこの『Joey(ジョーイ)』。
フレンズ6人の中の一人ジョーイが単身LA、ハリウッドに向かったところから話は始まる。

[ストーリー]
NYで俳優活動を続けていたジョーイ。
役者としてさらなる成功を記すため、ハリウッドへやって来た。
LAハリウッドには、ジョーイの姉ジーナ、ジーナの息子マイケルがいる。
ハリウッドでのジョーイの生活が始まる...。(o^^o)

[キャスト]
ジョーイ(Joey)Matt LeBlanc
ご存じ、ジョーイ、主役です。
意を決してNYからLAに移り住んだジョーイ。
役者としてハリウッドで成功できるのか、ただのドタバタで終わるのか、請うご期待...かな。


ジーナ(Gina)Drea de Matteo
ジョーイの姉。
LAに在住、職業は美容師。
息子マイケルがいる、シングルマザー。
ジョーイの7人姉妹の一人。
ジョーイは小さい頃から頭が上がらないようで、この辺りの上下関係がポイントかな。

ジーナ演じるドレア。
TVシリーズ『The Sopranos』で2004年9月エミー賞助演女優賞を受賞したばかりの女優さん。
Matteoという名前からもやっぱりイタリア系?
この経歴からもジョーイにおける二番手役者というところでしょうか。


マイケル(Michael)Paulo Costanzo
ジーナの息子、ジョーイの甥っ子ということになる。
20歳で学生、かなりの秀才らしい。
イタリア料理の腕はかなりのもので、ジョーイとの同居を希望。
ちょっとやわらかい(インパクトの弱い)イメージの彼。
ジョーイと同居するということはこれからずっと絡むということで、独り立ちできるかどうか『Joey』成功のポイントかも。


アレックス
ジョーイの住むアパートの隣人。
職業は弁護士。美しい人妻。
ジョーイは気になっているみたいだけれども、人妻という障害が...。


ボビー
ジョーイの新しいエージェント。
かなりインパクトのある女性。
ボビー演じるジェニファー・クーリッジ。
FRIENDS10-3 The One With Ross' Tan にモニカ、フィービーの友人として出演。
今回は人物設定もまったく別の模様。
インパクトは十分、どう絡んでくるのかちょっと期待。


[最後に...]
とにかく、最初からジョーイ、ジョーイ、ジョーイ。
そう、フレンズは終わってしまったんだぁ、とまたまた実感(>_<)ヽ
フレンズのときは大好きだったジョーイ。
一人だけになった彼をこれからどう楽しめるかは、この後の展開次第かな。

フレンズネタとしては、ジョーイとチャンドラー、ホモ疑惑(^^ゞ。
また、NYからどういう気持ちでLAにやって来たのかの心情を吐露するところで、ちょっとほろっと...。

まだまだフレンズを引きずってはいますが、とりあえずLAのジョーイを楽しみます。

More
[PR]
by porcorosso234 | 2005-04-06 00:30 | Joey