ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:SOCCER( 35 )

FIFA ワールドカップ 
第24日目7月9日
決勝戦  イタリア - フランス ♯64

決勝に残ったのはイタリアとフランス。
ここまでイタリアは失点1、フランスは失点2とお互いに堅い守りを誇る。
均衡を破るのはどちらか...?


注目の選手...。
まずは、イタリアから。
DFカンナバーロ。個人的にはMVP最有力候補。
GKブッフォン。ここまでの失点1はほんと素晴らしい。彼がどこまで守りきれるか。
MFピルロ。とにかく絶好調の彼。彼のパスに期待。
で、さらにトッティとデルピエロに点を取っていただきたい。(o^^o)
フランス。
FWアンリ。準決勝では見事な動きを魅せた彼。彼が決めればフランスの勝利?
MFジダン。有終の美を飾れるか。決勝トーナメントに入ってから、だんだんと身体が重そうなのが気になる。


試合内容...。
前半。
お互いの動きを探り合う展開。
が、試合は7分すぎに動く。
フランス、マルーダをマルコ・マテラッツイがファールで止め、PKをとられる。
ジダンが、ゴールラインすれすれのところで決め、フランス先制。
前半、19分。
イタリア、CKのチャンス。
MFピルロが絶妙のFK。長身、マテラッツィがヘディングで決め、イタリア同点に追いつく。
以後、試合は膠着。
中盤でボールを奪い合う展開となる。
前半はイタリアがボールを支配。
イタリアの効率的な守備、攻めが目立つ。

後半。
フランスが優位にボールを支配。
イタリアのゴールを、再三、脅かすも最終ラインを割れず。
フランスも段々と消耗していく。
イタリアは攻撃的布陣へとメンバーを入れ替えるが、効率的に機能せず。
試合は延長へ。

延長。
フランスがトレセゲを投入。
2トップという攻撃的布陣を敷くも、膠着状態は続く...。
延長後半。
フランス、頼みのアンリが負傷退場。
さらに、ジダンが試合の流れとは関係のない場面での暴力行為で退場となる。
ジダン自ら、キャリアに終止符を打った形となる。
その後、試合は時間の流れに沿い...。
やがてPKへ。

PK。
イタリアが全員決め、勝利。


結局、ジダンの退場ということがこの試合のすべてだったような気がする。
自ら引退の場としていたこの試合を自ら汚して行った...。そんな印象。
マテラッツィが何らかの暴言を口にしたのは間違いないと思うが、
それに対し、頭突きで応えるというのはサッカーのルールに反する行為。
彼の言い訳を聞きたいとは思わない。


フランス。
後半以降、ゲームを支配したのはフランス。
だが、結局、イタリアの守りを破れず、また、ジダンの退場という精神的支柱を失ったことにより、PKにての敗北となった。

イタリア。
2006ワールドカップにて失点したのはアメリカ戦でのオウンゴール、
さらに、この決勝でのPKだけという結果となった。
伝統的な守りの堅さを存分に発揮したイタリア。
負けないことが強いという今大会の特徴を活かした結果となった。


結果 イタリア 1-1 フランス PKにてイタリア勝利。
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-21 01:34 | SOCCER
FIFA ワールドカップ 
第19日目 6月27日
決勝トーナメント  ブラジル - ガーナ ♯55

予選リーグで徐々に調子を上げてきたブラジル。
一方のガーナはアフリカ勢では唯一決勝に残ったチーム。
若きガーナの健闘に期待。

注目の選手...今回は特になし。

試合内容...。
前半5分。
王者ブラジルが早々に得点。
ロナウドが個人技で押し込む。(あのフェイント、脚の動き、やっぱりすごいかも。(^^ゞ)
この流れからブラジルの大量得点が予想されたが...。
前半20分以後、何とガーナの怒濤の攻撃が始まる。
防戦一方のブラジル、こんなブラジル、予想外です。
が、しかしそこは王者ブラジル。
前半ロスタイム。
カカ、カフー、とつないでアドリアーノがゴール。
オフサイドっぽい気もしたけれど、この速攻、決定力の違いが王者たる所以?

とはいえ、前半のボール支配率はガーナの方が上。
ガーナの動きの良さが目立つ展開となった。

後半。
前半同様、果敢に攻めてくるガーナ。
守るブラジルは効率よくコンパクトに守備をかためていく。
ボールを持たせながら、最終ラインは突破させないという守備。
後半、運動量が落ちたガーナは速攻も封じ込められてしまう。
後半39分。
上がり気味のガーナの裏をかき、ブラジル3点目。
試合を決する。


結果的には、ブラジルは3-0と完勝。
ただ、試合内容は終始ブラジルが押されているという印象が残る。
この試合運びを試合巧者とみるべきなのだろうか。
王者ブラジルに一抹の不安を感じる、試合ではあった。

一方のガーナは当初予想していた以上に善戦。
とにかく良く攻め、試合をかきまわしていたように思う。
足りないのはここぞという時の決定力。
それがあったら、ブラジルをも看破してしまうだろうけど...(^^ゞ

結果 ブラジル 3 - 0 ガーナ
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-19 10:23 | SOCCER
FIFA ワールドカップ 
第23日目7月8日

3位決定戦  ドイツ - ポルトガル ♯63

それぞれ準決勝で敗れた両チーム。
モチベーションの低下も気にはなりますが、
それでもワールドカップという晴れがましい舞台でのサッカー。
結果よりも過程に期待したいと思います。


注目の選手...。
今大会初登場のドイツのGKカーン。
ポルトガルびいきの私も彼のセービングには期待しています。

試合内容...。
前半。
押し気味進めるポルトガル。
守るドイツという展開。
ポルトガルはフィーゴ、ドイツはバラックが先発から外れる。
クローゼは最多得点という目標もあるが、連戦の疲れもかいま見られる...。

後半。
試合がようやく動く。
後半6分、ドイツが先制。
それまで防戦気味だったドイツの動きが良くなる。
一方のポルトガル慌て気味...。
で、後半16分。
FKから何と、ポルトガル、オウンゴール。
これまで善戦してきたDF陣だけにその落胆は大きい...。
一方のドイツ、尚更、動きがよくなる。
後半33分。フィーゴ投入。
途端にリズムがよくなるポルトガル。
が、攻撃の間隙をぬって、ドイツ、シュバインシュタイガー、ゴール。
ドイツ3点目。試合を決する。
後半終了直前、フィーゴのFKからポルトガル、ゴメスがシュート。
ポルトガル、意地の一点を挙げる。


ドイツ。
正直、ここまで来るとは思っていなかったドイツ。
自国開催というメリットもあったにしろ、善戦したというべき結果だと思う。

今回の試合のみ登場のカーンは、相変わらずの怖いばかりの形相でボールに立ち向い、その存在感を示す。
ただ、かつての輝きはやはり過去のものだった...。
リードをしながらの失点1というのは、やはり正ゴールキーパーではないという証しと感じてしまった。


ポルトガル。
準決勝、3位決定戦あたりでその限界がうかがえたのがポルトガル。
ただ、フィーゴ、デコなどにおけるドリブルで突破という伝統は
若きクリスチアーノ・ロナウドらに受け継がれている模様。
こういうタイプのサッカーが少なくなっているだけに、
今後もポルトガルらしく、さらなる上を目指して欲しい...。

結果 ドイツ 3-1 ポルトガル
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-18 00:30 | SOCCER
FIFA ワールドカップ 
第23日目7月5日
準決勝  ポルトガル - フランス ♯62

ポルトガルはワールドカップでの最高位は3位。
初の決勝進出を狙う。

注目の選手...。
フランス、ジダン。ここまで来ると彼の出来が結果に繋がるかと。
ポルトガル、フィーゴ。ジダンとは同い年の彼、選手としては彼を応援してます。

試合内容...。
前半、ポルトガルの好プレイが続出。
クリスチアーノ・ロナウドの切り込み、デコのパス、がひかる。
が、ゴールを決めたのはフランス。
前半、33分。
アンリがペナルティエリア内でファウルを受ける。
ジダンが落ち着いてPKを決め、フランス先制。

後半。
ボールを支配するのはポルトガル。
が、フランスはデコを封じ、効率的な攻撃をさせない。
後半ラスト10分。
ポルトガルの猛攻が始まる。
最後はGKも攻撃に参加。
が、フランスは押され気味ながらも守りきり、ジダンのPKでの1点のみでの勝利となった。


ポルトガル。
準決勝にて、散る。
予選からじっくり観てきたチームだけにここでの敗退はちょっとショック。
ただ、フランスに対し、圧倒する攻撃力を示しながらも決め手に欠けたこと。
ここがポルトガルの限界かな、と感じてしまった。
ただ、当初の予想よりも遙かに健闘したといえるポルトガル。
これからも要注目です。

フランス。
攻撃はPKでの一本で決め、後は守りきる。
こういうタイプのチームがやっぱり残るものです。
決勝はアンリ、ジダンの活躍次第...ですね。

結果 ポルトガル 0-1 フランス
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-17 00:30 | SOCCER
FIFA ワールドカップ 
第22日目7月4日
準決勝  ドイツ - イタリア ♯61

12年ぷりの決勝進出を狙うイタリア。
ドイツは2大会連続の決勝となるか。

注目の選手...。
イタリア、ピルロ。この人のゲームメイクにイタリアの勝利がかかってます。
イタリア、カンナバーロ。DFの要。MVPは是非この人に。(^^ゞ
イタリア、ブッフォン。ご存じ、GK。未だ失点はアメリカ戦のオウンゴールのみ。
ドイツ、バロック。好調のクローゼ、ポドルスキへのパスだしに期待。

試合内容...。
前半。
果敢に攻撃を仕掛けるのはイタリア。
激しい立ち上がりとなる。
一方のドイツ。守りながらも効率の良い攻撃。
が、イタリアの厚い壁に阻まれる。
後半。
ドイツが試合を支配。
が、イタリアの守備は容易には破れず...。
支配はだんだんと膠着状態へ。
後半、30分前後、ようやく両ベンチが動くが、効果無し。
試合は延長へ。

延長。
前半終了直前、イタリアはデルピエロを投入。
トッティと同じピッチにたつ状態となった。
で、このデルピエロ、見事に効く。
彼にボールが集まり、攻撃に幅が出てくるイタリア。

PK戦も見えてきた、延長戦終了2分前。
数々のチャンスをものにできなったイタリアがとうとう決める。
ピルロのパスをグロッソが左足でゴールポストへ。
イタリア先制!!
脚の止まりかけていたドイツが動き出す。
急に前へ攻撃を押し上げ始めたドイツ。
が、イタリア、ジラルディーノがパスをデルピエロにつなげ、デルピエロが決め、試合終了。

終了直前、2点を入れたイタリアの勝利となった。


ドイツ。
前評判が高かったとは決していえなかったドイツ。
ここまで来たのはやはり地元の利もあるとは思うけれど、それだけでない粘りを感じさせたチーム。
2大会連続でベスト4以上に残っているのだから、やっぱりドイツはすごい...のでしょう。

イタリア。
ドイツに対し、シュート数、FK数などかなり上回りながらも、
なかなか決めることができなったイタリア。
しかし、その守備の堅固さは健在で、失点する気がしない試合運びであった。
そう、失点しなければ、試合では負けない。
そして、一つのゴールで勝てる...と。
終了直前のゴール2本。
勢いだけではない、確実な実力、決勝が楽しみです。


結果 ドイツ 0-2 イタリア
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-16 00:30 | SOCCER
FIFA ワールドカップ 
第21日目7月1日
決勝トーナメント  ブラジル - フランス ♯60

準々決勝、ラストゲーム。

ベスト4進出をかけて王者ブラジル、そして前々回王者フランスが激突。
両者の対決は8年前のワールドカップフランス大会決勝以来。
8年前は、フランスが3-0で圧勝、ワールドカップを手にした。

注目の選手...
フランス、ジダン。
この2試合、かつての輝きを取り戻した感のあるジダン。
彼の華麗なるプレーをみたい...。
ブラジル、ロナウジーニョ。
本大会、目立った活躍のない彼。
彼が輝いたとき、ブラジルに勝利がまいこむ?


試合内容...。
試合前、ブラジルが動く。
FWアドリアーノを先発から下げ、ロナウドの1トップ。
ロナウジーニョを2トップ気味に置く。
フランスはこれまで通り、アンリの1トップ。

前半。
立ち上がり早々、ジダンの見事なパフォーマンス。
一方のブラジルはロナウジーニョにボールが回らず、機能せず。
ジダンのつくる決定的場面が印象に残る。

後半。
均衡が破れる。
ジダンのFKをアンリがボレー。
見事、ゴールポストを揺らす。
ブラジルがリードを許してしまう。
ブラジルはロナウジーニョを中盤に下げ、アドリアーノ、ロビーニョを次々と投入する。
ようやく機能し始めたブラジルは猛攻をかけるが、時すでに遅し...。

フランスの守りは堅く、ブラジルはベスト8での、まさかの敗退となった。


・ブラジル、敗れる。
何故、ブラジルはフランスに敗れたのか。
フランスに対する苦手意識からか、これまでとは違うフォーメーションにしたのはブラジル。
試合前から勝負は決まっていた?
・ロナウド...。
何故、ロナウドを使い続けたのか。
ロナウドのこれまでの活躍はともかくも、現時点でとてもベストの状態だったとは思えない。
アドリアーノ、そして若きFWロビーニョ。
この数年で台頭してしてきた若い力を活かすべきだったのでは。
・ロナウジーニョ...。
結果的には4年前の大会の方が輝いていたなぁ...。
ワールドカップ直前までのリーガエスパニョーラの試合も響いていた?
チームのため、そしてロナウドのためというよりも、自分のためにもっと積極的にボールに向かってほしかった。

優勝を予想していたブラジルのまさかの敗退。
そして、ベスト4はヨーロッパ勢だけになってしまった。
ヨーロッパで南米のチームは勝てないというジンクス。
やっぱりそういうもの...?

結果 ブラジル 1 - 0 フランス
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-15 00:30 | SOCCER
FIFA ワールドカップ 
第21日目7月1日
決勝トーナメント  イングランド - ポルトガル ♯59

準々決勝。
個人的にも期待の2チームの対戦。

ポルトガルはオランダ戦での影響で主力を二人欠く。
一方のイングランドはルーニーの1トップの布陣。


注目の選手...両チームともひいきのチームなので...。

試合内容...。
前半。
イングランドのルーニー、ポルトガルのクリスチアーノ・ロナウド、
と若きFWの躍動がみられる。
が、ほぼ、中盤がボールを支配し、試合は停滞。
ポルトガルの方が多少ゲームを支配していた感あり。

後半。
アクシデントはイングランドに。
前半、動きの目立たなかったベッカムが負傷退場。
イングランドはレノンを投入。
ようやく、ゲームが動き出す。
後半16分。
FWルーニーが相手方を踏みつけ、審判に文句を言い、クリスチアーノ・ロナウドを突き、一発レッドカード退場。
イングランドは10名で戦うことを余儀なくされる。
となると、守備を堅めざるおえないイングランド。
ポルトガルの攻勢も決め手にかけ、後半終了。
さらに、延長戦まで戦い、PKへ。

PK。
イングランドのトップはランバード。
彼、今大会でここまで最多のシュートを打ちながら、ゴールを決めていないという...。
で、やっぱり失敗。
これがすべて...でした。

イングランド。
予選でオーウェンを欠き、決勝トーナメントは1トップ。
ベッカムが体調不良で、ルーニーはやっぱり、やんちゃで...。
ランバードやジェラードなど、MFに役者をそろえながらも活かせず...。
やっぱり勝てないのかなぁ...。

ポルトガル。
イングランド相手にはデコなどの主力を欠き不利とも思われたが、激戦の末の勝利。
40年?も前の3位以上の成績も可能性が出てきました。(o^^o)

結果 イングランド 0-0 ポルトガル PKにてポルトガル勝利。
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-14 00:30 | SOCCER
FIFA ワールドカップ 
第20日目6月30日
決勝トーナメント  ドイツ - アルゼンチン ♯57

準々決勝第一試合目。
決勝トーナメントに入り、波に乗るドイツ。
メキシコ戦では延長で勝ったアルゼンチン。

注目の選手...特になし。

試合内容...。
前半、とにかく守りの堅さが目立った試合展開。
両者とも一歩も譲らず、シュートはお互いにたったの1本。
中盤でのボールのやりとりが続いた。

試合が動いたのは後半。
開始早々、コーナーキックのチャンスはアルゼンチン。
リケルメのパスをアジャラがヘッドで先制。
これを機にドイツも攻撃に転じる。
堅い守備で得点を許さないアルゼンチンにアクシデント発生。
GKアボンダンシエリが負傷により交代する。
後半40分、ドイツの攻撃が実を結ぶ。
バロックのパスからクローゼのヘッドへ。
試合は延長、そしてPKへ。

イヤな予感はしたのだが、
PKでは追いついたドイツが落ち着いて決め、120分の激戦に決着をつけた。

予選リーグではすばらしい試合を魅せたアルゼンチンは準々決勝で姿を消すこととなった。(残念!!)

個人的には優勝候補はブラジルだったのだが、予選の戦いぶりではアルゼンチンかな、と。
思わぬところでの敗戦。これは本当に残念です。
アルゼンチンで、一番観たかったメッシは決勝トーナメントでは目立った活躍もなく、次へと期待するしかないようです...。

さらに、ひいきのサビオラ。
アルゼンチンラストゲームでは先発メンバーから外れ、
途中出場のチャンスも逸してしまいました。
最後に彼の姿、観たかったなぁ。

結果 ドイツ 1 - 1 アルゼンチン PKにてドイツ勝利。
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-12 00:30 | SOCCER
FIFA ワールドカップ 
第19日目6月27日
決勝トーナメント  スペイン - フランス ♯56

予選3試合で3連勝、8得点と波に乗るスペイン。
予選では、1勝2分3得点、グループ2位通過と、苦労しながら、決勝に上がってきたフランス。
勢いのある若きスペインか、老練なるかつての王者フランスか。

注目の選手...
スペイン、フェルナンド・トーレス。
スペイン、ヴィシャ。
スペイン、セルジオ・ラモス。
スペイン、ラウル・ゴンザレス。
スペイン、セスク。いまだ19歳。
スペイン、ルイス・ガルシア。

試合内容...。
前半立ち上がり。
まずリズムをつかんだのはスペイン。
小気味よいパス回しで攻撃のリズムを確立。
が、フランスの守りの壁に阻まれ、ゴールにはいたらず。
だんだんとフランスが中盤でボールをまわす展開となる。

前半28分。
コーナーキックからのルーズボールを受けたスペイン、パブロがペナルティエリア内でファウルを受ける。
PKをFWビジャが落ち着いて決め、スペイン先制。

が、試合を支配しているのはフランス。
前半41分。
ビエラのパスをリベリーが決める。
オフサイドポジションにいた一人をおとりにしながらの素晴らしい攻撃だった。
若きスペインのDFが翻弄されつつあった。

後半。
前半にくらべ、中盤でのやりとりが増える。
試合はゆっくりとした展開に。
後半8分。動いたのはスペイン。
機能していない、ラウルに代え、ルイス・ガルシア、そしてホアキンを投入。

フランス。
アンリの1トップ。
攻撃よりもスペインの攻撃をいかに守るという布陣。
守るとなると、ベテラン勢の多いフランスは有利。
そして、ジダン。
予選の3試合目は出場停止。休養充分の彼は、予選1,2試合目にはない動きのよさを見せた。
彼の動きのよさはスペインにとっても予想外だったのでは。

スペイン。
ラウルをトップ下というよりも3トップ気味に使ったこの試合。
前半からだんだんと上手く機能しなくなっていった。
これまで、攻撃的に、確実に得点を重ねてきただけに、点が入らないとなると、若さが出てしまう。
個人的には、一番期待していたチームだけにこの場での敗退は残念。
2年後のヨーロッパ選手権、そして4年後のワールドカップに期待したい。

結果 スペイン 1 - 3 フランス
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-11 00:30 | SOCCER
FIFA ワールドカップ 
第18日目6月26日
決勝トーナメント  スイス - ウクライナ ♯54

予選を無失点で抜けたスイス。
一方のウクライナは初戦でスペインに4失点するも、予選通過。

注目の選手...特になし。

試合内容...。
あえて言えば、両者とも引き気味。
守りが堅く攻めてにかける展開。
第三者的には、退屈な試合運びとなった。

前半、後半90分で勝負はつかず、延長へ。
何と延長でも得点はなく、PKへ。

PKでスイスが3回連続失敗。
スイスは無失点のまま、ワールドカップの舞台から姿を消すこととなった。

試合の特徴と言えば、ファウルが少なかったこと。
というか、前日の退場者4人という試合を受けて審判がカードを出すのをためらったのだろうか。
ファールと思わしきものがあってもかなり流していた。
その分、試合が流れ、ますます決定打にかけたていた気もする。

結果 スイス 0 - 0 ウクライナ
[PR]
by porcorosso234 | 2006-07-09 00:30 | SOCCER