ドラマ編


by porcorosso234
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

名探偵ポワロ「ナイルに死す」-DEATH ON THE NILE- (英国BBC2004年放送)

名探偵ポワロ、英国の名優デビッド・スーシェ(David Suchet)版の新作。
この8月にNHKBSにて放送されました。
個人的にも待ちに待っていたという思いで観ました。

今回の新作第一弾は映画にもなっている有名な「ナイルに死す」。
と言っても私、映画版はみていないんですけれど...。(^^ゞ

さてさて、今回の舞台はエジプト、ナイル河。
一人、優雅に休暇を楽しむポワロ。
そこでまたもや事件に遭遇する...。

やっぱり面白いです。
優雅なナイル河のクルージング、そしてエジプトの観光。
時代は、第一次世界大戦後のヨーロッパ。
世界は風雲急を告げているのというのに、優雅に観光を堪能している大金持ちの方々。
そういった風刺もたっぷり。
で、もちろん、事件の真相は?という点にも興味を引き立てます。

名作です、ね。
[PR]
by porcorosso234 | 2005-08-30 00:30 | POIROT
ドラマ「女王の教室」
日本テレビ系 2005年7月~ 土曜21:00

とある公立の小学校6年生の担任となった女性教師と、その児童たちとの一年間のお話。

今回は同じ6年生のクラスのことについて少々...。
このドラマのメインである6年3組は24名。おそらくお隣さんの2組、1組も同じくらい...?
(ちなみに3クラス編成で24人のクラスというのはまずあり得ない。一学年の人数からいって学期当初に2クラス編成に変わっているはず...)

今回の気になることはお隣のお若い先生のダメダメぶり...(^^ゞ。
一見、若くてきれいな女性の先生。
快活でやさしく、子どもの目線に立てそうな感じはする。
たぶん、仕事に対するやる気はあるんだと思う。
ただ、教卓の上はごちゃごちゃ。(要領が悪い。)
クラスの子どもの実態を把握できていない。(いじめや子どもの徘徊など)
保護者からのクレームに上手く対処できない。(おろおろするだけで適切に対応していない。)
給料の割に仕事の量が多いと愚痴る。(だから辞めるの?)


6年生の担任をやっているのだから、まさか新任ということはないと思う。
小学校の先生の場合、2年目、3年目とだんだんと同じことの繰り返しであるという現実に気が付き、だんだんと自分らしい担任像ができあがってきて当然の時期...。
なのにこの体たらく...(^^ゞ
彼女には教師としての信念とか、誇りはないのだろうか...と毎度のことながら感じてしまう。

とはいえ、周りの先生方の描き方もちょっとね...。
校長、教頭、学年主任、そして教師としては先輩の阿久津先生。
お若い先生に対して、適宜、指導、助言をすべき。
適切なアドバイスもなく、ただ、先生のダメダメぶりを職員室で叱咤するなんてあり得ないお話。

とりあえず、お隣の阿久津先生とこのお若い先生、どちらの担任がいいかというと、それも究極の選択かも?...(^^ゞ
[PR]
by porcorosso234 | 2005-08-21 00:30 | 女王の教室
ドラマ「女王の教室」
日本テレビ系 2005年7月~ 土曜21:00

とある公立の小学校6年生の担任となった女性教師と、その児童たちとの一年間のお話。

これだけの情報なら楽しい学園ものをイメージするのだが、今回は違う。
何とも怖~いドラマ。
これがこの「女王の教室」の第一印象である。

さてさて、天海祐希演じる教師、阿久津真矢先生(なんと年齢不詳(^^ゞ)。
タイトルからわかるようにも女王のごとく、またまた、子どもたちから悪魔と呼ばれる鬼教師を見事に演じている。

気になるのは「ドラマだから、」で、片づけられる教師像なのかどうかということ。
実際の教育現場を鑑みるにこういうタイプの先生、実在することは十分に可能だと思う。
今現在の公立小学校のシステム、一クラス1~40人の児童に一人の大人が担任教師として割り当てられる。
朝一番の朝の会から帰りの会まで、学校生活のほぼ一日、好むと好まざるに関係なく、一人の担任と一つの教室で過ごすことが基本中の基本。
それぞれの担任教師の描く学級経営方針が自ずとクラスの色となっていくのである...。
この点でこの阿久津先生、子どもたちへの担任としてのつかみは十分。
最初の出会いの日に、クラスでの唯一の大人としての責任は果たしていたように思う。(その内容の是非は別問題。)
唯一の大人なんだから当然、クラスの‘ボス’(指導者)であることは自明の理。
ただ、そのボスが、名君となるか、暴君となるか、はたまた、ただの愚かな大人となるのかというのも、その担任の心がけ次第というのも今の教育システムの現状なんだと...。


ドラマのなかでいろいろと気になる点はあるのだけれど、そういったことはまた、後日。
本日はこれにて失礼いたします。
[PR]
by porcorosso234 | 2005-08-15 00:30 | 女王の教室

Dharma & Greg  Episode List

Dharma & Greg (ダーマ&グレッグ)
Season2  Episode List

Episode24 Ringing Up Baby
Episode25 It Takes A Village
Episode26 Turn, Turn, Turn
Episode27 The Paper Hat Anniversary
Episode28 Unarmed & Dangerous
Episode29 A Closet Full of Hell
Episode30 Valet Girl
Episode31 Like, Dharma's Totally Got A Date

More
[PR]
by porcorosso234 | 2005-08-10 00:00 | Dharma & Greg 2

Dharma & Greg 2-9

Dharma & Greg (ダーマ&グレッグ)Season2

Episode32(2-09)
Brought To You In DharmaVision   [air date 1998/11/18]

Kittyとともにカントリークラブでのチャリティに参加したり、
Gregとゴルフに出かけたりと、結婚前とはすっかり生活が変わってしまったしまったDharma。
父母のAbbyやLarry、友だちのJaneに「あなたは変わったしまった。」と指摘され、
自分が変わってしまったことに罪悪感を感じてしまうDharma...。


ということで今回Dharmaは自分探しの旅に出ます。
普通、思い悩むと、カウンセリングに通ったり、何かに依存したりなどなどの行動に移るはずです。
しかし、そこはDharma。
夢のお告げで、昔遊んでいた森に行ってしまうあたり、何ともDharmaらしいところです。(o^^o)

結局、Dharmaは自分は自分だ、変わっていくことはあっても真の自分は変わらないと悟ります。
この辺りの考え方は、何かと精神論を説くことの多い、Dharma&Gregらしい終わり方です。

それにしても、ずっと悪夢にうなされていたGregの方。
Dharmaは感じていないようですが、結婚してすっかり変わってしまったのはGregも同様だと思うけどなぁ...(o^^o)
[PR]
by porcorosso234 | 2005-08-05 00:00 | Dharma & Greg 2